2013年01月23日

北海道の郷土料理 ジンギスカン

マトンやラム肉を特製のタレに漬けこみ、
中央部分が盛り上がった専用のジンギスカン鍋で調理する焼肉。
調理の際は鍋の中央で焼かれる肉から出た肉汁がふちで焼く野菜にかかり、
ちょうどよい味付けになります。

はじまりは、
羊毛をとるために飼育されていた羊の肉の活用法としてうまれた料理です。

現在は日本各地で食されていますが、
現地の北海道では休日となると川沿いでジンギスカンパーティをする姿も見られます。
味を付けない生肉を焼いて、
漬けダレで食すこともあります。

前置きはこれくらいにして、
早速レシピに入りましょう。

ジンギスカンの材料(4人分)


ジンギスカンの材料
ラム肉 800g
キャベツ 1/2個
たまねぎ 1個
もやし 1パック
かぼちゃ (かぼちゃスライス)8枚
ししとう 8本
とうもろこし (カットコーン)100g
たれ ( ジンギスカン のたれ)適量
大根おろし 適量
りんご (おろしりんご)適量
ニンニク (おろしにんにく)適量

ジンギスカンの作り方・手順


ジンギスカンの作り方
1:
材料を揃え、
一口サイズに切った野菜をプレート(ホットプレートでも可)に盛り付けます。
※もやしはよく水分が出るので、
必ず上の方へのせ、
一番上に甘みを出すコーンを散らします。

2:
肉は味付けの品を買うか、
ラム肉をジンギスカンのたれに漬けた物を用意し、
野菜の上に盛り付けます。
※ ジンギスカン のたれが無い場合は、
辛口の焼肉たれにおろしにんにく少々とおろしりんごを加えたものを用います。
おろしりんごは、
350ccのたれに対し1/2個を目安に調整して下さい。

3:
プレートにふたをして、
5分を目安に蒸し焼きにします。
ラム肉独特の香りがし始めたら、
食べごろです。
お好みでタレに大根おろしを加えると、
味がまろやかになります。

ジンギスカンのワンポイントアドバイス


玉ねぎ、
キャベツを盛り、
蒸し焼きなので肉は重ねないほうが熱の通りが良くなります。
蒸し焼きはラム肉独特の匂いが半減しますので室内の調理には最適です。
ジンギスカンにはビールか辛口の冷酒が合います。
ラム肉に代わり魚介類を蒸し焼きにし、
ポン酢で召し上がっても美味しい一品となります。

以上がおいしいジンギスカンの作り方ですが、
うまいタレに漬け込まれたジンギスカンをお探しの方は、
ジンギスカンの通販をお試しください。

これもめちゃくちゃおいしいですよ。


posted by ジンギスカン at 01:54| ジンギスカン 通販 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。